鈴鹿8耐観戦記

何故にいきなり8耐?
経過を全て語ると長くなるのではしょりますが、部品提供している創輝という静岡の会社が、茶llengerというチームを出しておりまして、そこが企画した応援ツアーに参加してきたのす。
応援グッズ(Tシャツ・帽子・うちわ等)と沼津もしくは勝沼からの旅費、当日のチケットすべて合わせて5500円〜7500円。弁当や飲み物も出ること考えると、儲け度外視の素晴らしいツアー。
マジでお得です。興味をもたれた方は コチラ をご参照下さい。
かなりの実力を持ったチームで、実際いいところまでいっていたのですが、途中でクラッシュしてしまい無念のリタイア。ツアーも早めに引き上げてゴールまでは見られなかったのが残念。
来年は完走を!


ゴール近辺。
仮面ライダーとコラボしたチーム。ヘルメットもライダー。
優勝候補大本命、セブンスターホンダ。マフラーと一体化したテールが超クール。
応援しにいったTeam茶llenger。(E)na
無骨なシルエットがナイスなアサヒナレーシング。
タイガースホンダ・赤星号。
ピット裏。
交代選手が涼むためのお子様プール。
ものすごい焼け方をしているタイヤ。
レーススタート! 先頭集団キター!
マシンと腕の真価が問われるヘアピン。
3キロ付近の2輪専用シケイン。
テグナーカーブ直後の立体交差。
あぁあ、こんなところでクラッシュしとる…。
観覧車から見たスタンド前。

レースといったらレースクイーンでしょ! 百花繚乱、うひょひょひょひょ〜(←馬鹿)

 

バナ−

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー